新日本経済新聞2015年11月17日

【警告】東京にとって、「大阪維新」現象は対岸の火事ではない。

京都大学大学院教授 藤井聡

この週末、東京である会合があったのですが、その席で、大阪での最新の世論調査の報道情報が流れて参りました。

どうやら、市長選では維新の吉村候補は、(元)自民党の柳本候補に10ポイント以上の差をつけてリードしており、知事戦では、維新の松井候補は、(元)自民党の栗原候補にさらにより抜本的な差をつけて優勢にたっている、という報道でした。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS25H2P_V21C15A0PE8000/
(※ 新聞では数字は出さないのですが、専門家が見れば、「リード」「優勢」という表現から、おおよそどの程度の差がついているかが分かるようになっているのです)

もちろん、まだまだ1週間ありますし、この手の調査には大きなバイアスがありますから、まだまだ分からない…ところではありますが、「新聞記者たち」の感覚では、これだけ差がつく結果が出れば、知事選についても市長選についても、(元)自民側候補は、相当踏んばらないとかなり厳しいのでは……という種類の報道でした。

この報道が会食の席上で話題に上ったとき、多くの方が、

「えっ!?、橋下さんの維新って、大阪ではまだそんなに強いんですか!?」

という驚きの反応でした。

つまり、「橋下維新」はもう東京では完全に「賞味期限」が切れなのでは……という雰囲気が、大阪以外では、濃密に流れているのです。

特に、昨今では維新の「分裂騒動」が何度も報道されていましたから、多くの方々が維新に対して「うんざり」する感覚をお持ちになっているようです。
※ 例えば下記の『橋下氏代表就任に「うんざり」な雰囲気が漂ってるようです』を参照ください。 ⇒ http://satoshi-fujii.com/151031-4/

しかも、最近の世論調査では、橋下氏が立ち上げた「おおさか維新の会」に期待「しない」声は、全国では期待するという声を圧倒しているという事実からも、大阪以外で、如何に橋下維新が賞味期限切れの状況にあるかを指し示しています(「期待する」は28%で「期待しない」が56%)。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS25H2P_V21C15A0PE8000/

ただし……

大阪・関西では、二人に一人が「おおさか維新の会」を期待しており、期待しない声(42%)を大きく上回っているのです。

そして、そうした「期待」を反映するかの様に、今、維新候補が、先に紹介したように大阪知事選、市長選の双方で、非維新候補をリードしている、という次第です。

こうした状況に、東京、全国の方々が「驚き」を見せるのですが、その「驚き」の根底には、よくよく聞くと次のような印象があるようでした。

「なぜ大阪の人って『振り込み詐欺』みたいなものに、何度も引っかかっちゃうの?」

実際、こういうセリフで当方に質問してこられた方は、一人や二人ではありません(!)。

つまり、多くの関西外の方は、都構想の住民投票で「これがラスト!」って言ってたのにいきなり「再挑戦」って言っているし、「負ければ引退!」って言ってたのにやっぱり政界復帰する様子だし――そんなことを考えれば、橋下氏が「うそつき」であることなぞ誰の目から見ても明らかなのに、なんでまだそんな「うそつきの橋下さん」を大阪の人達の多くが、未だに支持しているのか、「ワケ分かんなーい」というご様子なのです。

しかし、これには簡単な理由があります。

以下は、当方が、先日のトークイベントでお話したところなのですが、「ブラック・デモクラシー」論、すなわち、「全体主義」論を踏まえれば、多くの大阪の人達が橋下さんたちを支持し、東京の方々が支持しないのには、大変にシンプルな理由が見えてまいります。
https://youtu.be/iM8I9Q-0UQA

そもそも、全体主義=ブラック・デモクラシーでは、ポピュリスト(人気を得るためなら何でもする者)のデマゴギスト(ウソツキ)が、彼自身の党利党略を実現するために、人々の「潜在意識」に働きかける「政策」を(政策的合理性を度外視しつつ)「開発」し、世論的支持を得ることを目指します(同時に、その政策を批判する人々に、徹底的な封殺圧力、弾圧をしかけます)。

もしも、橋下氏がそうしたブラック・デモクラシーを展開するポピュリストのデマゴギスト(=人気を得るためなら何でもするウソツキ)であるとするなら、彼が今目指しているのは、「大阪での支持」であって「大阪外の支持」ではない、という事になります。

なぜなら、現時点で必要なのは、大阪ダブル選挙での勝利であり、それ以上でも以下でもないからです(なお、将来的には東京や全国での人気が必要になりますが、そのためにも戦略的に「今」、求められているのは「大阪ダブル選での勝利」なのです)。

したがって、橋下氏がポピュリストであるのなら、今、東京での人気など度外視して、大阪での人気だけを得るようなプロパガンダを仕掛けることが、最善の策だということになります。

それはちょうど、詐欺師は狙い定めた相手だけに「信用」してもらえればそれで事足りるのであって、それ以外の全ての人から「胡散臭い」と思われようが、知ったことでは無い、ということと同じなのです。

かくして、ポピュリストのデマゴギストは、

・「大阪都構想」を訴え、
・「おおさか維新の会」を結党した

という事が理論的に暗示されることになります。以下、橋下氏が「ブラック・デモクラシーにおけるポピュリストのデマゴギスト(=人気を得るためなら何でもするウソツキ)である」という仮説が真であるという前提で、彼の政策提案を解説したいと思います。
※ なお、その前提は、下記原稿で論じた様に、実証的に明確に支持されています
http://satoshi-fujii.com/shinnihon2-151110/
※ また、下記の考察は、下記にて講話しております。
https://www.youtube.com/watch?v=iM8I9Q-0UQA&feature=youtu.be

―――――以下、仮説的論考――――――――――――――
そもそも、「大阪都構想」も「おおさか維新の会」も、大阪の人々の潜在的願望に訴えかける、強烈なイメージを持つものです。

「大阪都構想」という言葉の響きは何やら、大阪を豊かにするというイメージを持ちます。何よりそれは「東京に匹敵するようなもの」というイメージを持ち、大阪の人々が潜在意識の内に抱えている「東京コンプレックス」を強烈に刺激します。

しかも、「おおさか維新の会」という政党の言葉も、そんな大阪を豊かにする政策を中央の政治の力で実現する、というイメージを強烈に換気します。そしてそれは、「どうしても大阪は中央に進出できない」というコンプレックスに対して再び、強烈に働きかけるものです。

(なお、個人的な印象を申し述べるなら、これらのコンプレックスは、関西人の当方には、痛いほど分かるものなのです)

したがって、「大阪都構想」や「おおさか維新の会」というものは、専門的知識に基づいて考案されたものではなく、大阪の人々の潜在意識を読み、その潜在意識が求めるものとは何かを考えながら作り出されたファンタジーなのです。

それはちょうど、人気TV番組を作るときの手法と同一です。それは、視聴者が求めるものを、優秀なスタッフ達が企画会議で一生懸命考え、視聴者が求める番組を作りあげる、というプロセスです。

そしてこの現象は、ナチスドイツが「ドイツ人はアーリア人の末裔で、もっとも優れた民族である」という「デマ」が全体主義の中で繰り返し宣伝され、人気を博していった、という現象と同じです。そんな「理屈」は、公正な論理に基づいて提案されているのではなく、「どうすれば人気がでるか?」という意志の下で作りあげられたファンタジーに過ぎないわけです。

一方で、「大阪都構想」や「おおさか維新の会」というファンタジーは、あくまでも大阪人の潜在意識、とりわけその東京コンプレックス、中央コンプレックスに働きかけることを前提として作りあげられたものでありますから、それが人気を博すのは、

「大阪だけ」

ということになります。

とりわけ、東京コンプレックス、中央コンプレックスを持たない当の東京のひとびと、中央の人々には、「大阪都構想」や「おおさか維新の会」の魅力なんて、皆目見当がつかない、という事になるわけです。

これこそが、今、橋下維新勢力が、大阪で「だけ」人気があり、全国的な人気には至っていない、根源的理由なのです。
――――――――――――――――――――――――――――

・・・以上、いかがでしょうか?

以上はあくまでも、「橋下氏がブラック・デモクラシー=全体主義におけるポピュリストのデマゴギストである」という仮説に基づいて申し述べた仮説的論説に過ぎませんが、こう考えれば、現在の世論状況、特に東京と大阪の世論状況の大きな格差が論理整合的に説明できることは、十分にご理解いただけるものと思います。

では、もしもこの仮説が正しいとしたら……これは、東京者を含めた全国の人々にとっても、今回の大阪維新現象は、極めて重大な意味を持つことになる、という結論が導きだされます。

今、(仮説的)「ポピュリストのデマゴギストである橋下氏」は大阪の世論をターゲットにして「大阪都構想」「おおさか維新の会」というファンタジーを「開発」し、提示しているわけですが、一旦、ダブル選挙が終われば、(仮説的)「ポピュリストのデマゴギストである橋下氏」は今度は、全国の人々、とりわけ最も大量に存在する東京の人々をターゲットにした「ファンタジー」を開発し、それに基づいたプロパガンダを徹底的に展開することになるはずです。

そうなったとき、東京者を含めた全国の人々はコロリと「騙される」ことになる見込みは濃厚にあるのです。

そもそも、2012年の12月の世論調査では、「維新」勢力は当時の政権与党であった民主党を抜き去って、自民党に次ぐ第二の支持率を獲得していたではないですか!

しかも、今年の5月の住民投票で都構想が否決された日の夜の記者会見では、(仮説的)「ポピュリストのデマゴギストである橋下氏」は、「さわやかさ」を超絶に演出して見せ、その演出にそって多くの論者が彼を「さわやか」といい「潔い」と称し、極めて高い評価を得ていたのではないですか!!

……つまりもしも橋下氏が、TVで人気タレントを演じていた時の才能を遺憾なく発揮しつつ、(政策の合理性を度外視しつつ)「ポピュリストのデマゴギスト」として、東京世論狙い、全国世論狙いの政策イメージを様々に開発し、世論に提示し続ければ、瞬く間に、全国的人気を奪っていく可能性は、十二分に考えられるのです。

繰り返しますが、「ポピュリストのデマゴギスト」(=人気を得るためなら何でもするウソツキ)は、政策の合理性を全て度外視し、ウソででも詭弁でもデマでもなんでもいいので、とにかく「お茶の間で人気」がでるファンタジーを開発し、世論に提示し、人気を獲得していこうとするのです。

そうであるのなら、今、大阪で起こっている維新現象は、近い将来、必ず、東京で生ずることとなるであろう――という事は火を見るよりも明らかなのです。

とは言えもちろん、今回のダブル選挙で、維新勢力が一つでも首長を落とすことがあれば、そういう未来が生ずる可能性は大きく低減されていくでしょう。ただし、維新勢力が市長選でも知事選でも勝利すれば、東京でそういう未来が生ずる可能性は、飛躍的に拡大することは間違いありません。

そして、その政策イメージはあくまでもファンタジーであり、何の政策的合理性も存在していないものである以上、それが実現されれば、巨大な国益棄損が生ずることは火を見るよりも明らかです―――。

つまり……

現在大阪で起こっている現象は、東京の人々、そして、全国の人々にとって

「対岸の火事ではない」

のです。

・・・以上、いかがでしょうか?

当方の解説を信用するもしないも、皆様のご判断です。

しかし、当方は、大阪ダブル選を前にした最後の記事として、橋下氏が「ポピュリストのデマゴギスト」(=人気を得るためなら何でもするウソツキ)であるという危惧、並びに、それ故に維新勢力が市長も知事も勝利すれば大阪が巨大な被害を被るであろうという危惧、さらには、近い将来にその「火事」は、東京という日本のど真ん中に燃え移ることは間違いないだろうという見解を、表明差し上げたいと思います。

いずれにしても……大阪におきます賢明なる有権者判断を、心から、祈念申し上げたいと思います。ともすればこの選挙は、皇国の荒廃を分かつ一戦であると、後の歴史家が評価するものであるかもしれないのですから……

PS 是非一人でも多くの方々に、下記ご試聴いただきたいと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=kG3MrxXzFxo&feature=youtu.be

PPS マジメに、大阪を、そして、民主主義を考えてみたい……という方は是非、下記をご参照ください。
http://satoshi-fujii.com/book/