HOME > 藤井聡 facebook より Index

「イメージ論」を仕掛ける政治勢力に抗い、自ら考え、「政策論」で判断せねばなり ません~残りあと23日~

皆様、おはようございます、投票日まで残り23日、都構想を巡ってはテレビCMをはじめとした、様々なプロパガンダがますます激化しています。

「協定書の賛否投票」なのですから、イメージの影響力を極力排除し、「中身」の議論を中心にせねばなりません。

ですが、下記のようなテレビCMは、中身ではなく、イメージ、印象だけが強調されますから、「あるべき住民投票」の観点から言えば極めて不当なプロパガンダだ、と言うこともできるでしょう(もちろん、法的に問題ありませんが)。
https://www.youtube.com/watch?v=Le5dfG3E-G4

そもそも、下記でも出演している橋下市長は以前、次のように公言しておられます。

「テレビは中身じゃないんです。僕の演説も政策の中身は話していない。……メディアに身を置かせてもらって学びました。脳ミソに働きかけるのと心情に働きかけるのとの違いをね。」
http://ironna.jp/article/1244?p=2

TVで学んだ事が、下記CMに象徴される今回の「投票運動」全体に徹底的に活かされている、という次第です。

しかし、仮に公権力者が仮にこういう態度を取り続けているとしてもやはり、有権者は「脳ミソ」(引用)で考え続けなければなりません。

皆様、本日も、都構想について、しっかりと、考え続けましょう。
http://satoshi-fujii.com/