【御礼!】「考える」ための100日間言論戦、ご支援ありがとうございました!!|藤井 聡

HOME > 藤井聡 facebook より Index

【御礼!】「考える」ための100日間言論戦、ご支援ありがとうございました!!

皆様、今、当方、十代後半から二十代にかけて、文字通り毎週入り浸るように通い詰めた大阪のミナミにおります。

(※ この街は、小学生三年生の頃には姉と二人で「宇宙戦艦ヤマト~愛の戦地たち」を観に来たり、中学生一年生の頃には当方が初めてできた彼女(w)とくだらない「ザ・カンニング」なる映画を観に来たり、高校二年生の頃に初めて(「酔滸伝」なる)居酒屋に遊びに(?)来たり、大学の頃から二十代の大学助手の頃には毎週毎週とある道頓堀の一軒の飲み屋に通いつめたり…..そんな当方の思いが(電信柱に!)染みついた街ですw)

この街を残すためには、大阪の庶民、そして、僕らのような大阪に通い詰めた人々の活力があることが絶対に必要です。

その「活力」を残すためには、当方はどこをどう考えても、「都区制度」という行政システムの形には修復しがたい甚大なる欠陥がある一方、現在の「政令市」の仕組みを活用することの方が、圧倒的に得策であると確信していました。

もちろん、その確信が、絶対的な真理であるか否かは、当方にはわかりません……

しかし!

この度の住民投票におきます大阪市民の皆様は、そんな当方の確信と軌を一にする判断を下されたのです!!
(大阪市民の皆様、本当にありがとうございました!!!)

ついてはこの大阪市民の皆様方のご判断に基づいて、大阪市民の皆様方が当方が愛する街ミナミ、そして大阪を、その良さをそのまま残していただき、そしてそれに磨きをかけて頂きますことを、心から祈念申し上げたいと思います。

そして、求められる事があるのなら、筆者も学者として、大阪市民の皆様のご努力に、全力でご支援申し上げたいと思います!

・・・・

などなど、色々と申し上げましたが、率直に申し上げましてこの度の大阪市民の皆様のご判断につきましては、心から御礼申し上げたいと思いますw

ついてはまずは今晩は、そんなことを考えながら、筆者の青春の街、ミナミで、もう少しゆっくりと、あれこれと考えながら、お酒をいただきたいと思いますw

この帰結に向けてご尽力されました本FBを御覧の皆様方には、文字通り、心からの感謝を表したいと思います。

本当に皆様、100日間の言論戦、ご支援くださり、

ホントにホントに、ありがとうございました!!!!