本日投票日。「理性に基づくまっとうな判断」を下されますよう、心から祈念申し上げます|藤井 聡

HOME > 藤井聡 facebook より Index

本日投票日。「理性に基づくまっとうな判断」を下されますよう、心から祈念申し上げます

みなさまおはようございます。今日はとても良い天気ですね。

本日はいよいよ、大阪市が消えて無くなるかどうかが決せられる日。

大阪の未来、そして、決して大げさで無く日本の未来そのものもまた、現在、大阪市にお住まいの成人の皆様方の判断にゆだねられる事になりました。

本日は、午後1時から橋下氏は最後の最後の街頭演説をされるそうです。その演説で、例えば、かねてより指摘されている「涙」等を用いた「フライング敗北宣言」等の何らかの演技が行われ、同じく当方がかねてより申して参りました有権者の皆様の「ふわっとした空気やイメージ」に働きかけて、「理性的判断」を「阻害する」という

「リスク」

は、未だ決してゼロではありません。皆様、その危険性を踏まえ、そうした演技リスクに対する警戒を、決して怠らないようにいたしましょう。

(なお、下記番組のニュース番組の司会者も「詐欺師の涙に騙されませんように」という注意を呼びかけておいでです。http://www.nicovideo.jp/watch/sm26265638

いずれにせよ、今回の投票は、投票が終了する午後8時まで、あらゆる合法的選挙活動が許されているとのこと。

各投票所でも、激しい攻防が繰り広げられるやに伺っています。

つきましては有権者の皆様方、決してイメージや情操ではなく、

「理性」

に基づく、まっとうなご判断を下されますよう、心から祈念申し上げます。

そのためにも、まずは、投票対象となっている協定書の中身そのものに基づいたしっかりとしたご判断を、そしてそれが『時間切れ」のために難しい場合には、

「リスクがある選択肢は、採択せず、回避するのが理性的な判断である」

という、下記HPに記載した「まっとうな常識」を思い起こしつつ、ご判断くださいますよう、重ねて祈念申し上げます。

そしてそれと同時に有権者の方々を含めた皆様方、周りの有権者の方々に、是非、下記HPのメッセージ等を活用しつつ、

「理性に基づくまっとうな判断」

を促すよう、ご尽力ください。

それでは、本当の本当に最後の一日、何とぞ、よろしくお願いいたします!