相模原市は、「大阪が捨てようとしている政令市」を手に入れるのに、一生懸命がんばったのです!|藤井 聡

HOME > 藤井聡 facebook より Index

相模原市は、「大阪が捨てようとしている政令市」を手に入れるのに、一生懸命がんばったのです!

今、相模原市は、大阪市が捨てるかどうか迷っている

 「政令指定市」

という制度を、一生懸命がんばって、手にいれたのです!(2010年)

理由は下記HPによれば…..

「政令指定都市は、県から保健・福祉や都市計画・土木、教育などの各分野で、数多くの権限が移譲されるとともに、財政面でも、中核市にない各種財源が移譲されるなど、現在の地方自治制度上、最も主体的・自立的な行財政運営ができる制度です。」

とのこと。

こんなこと、行政を少しでも知っている人間からしてみれば、あったり前中のあったり前の話。

これをわざわざ捨てて、「特別」に、財源も権限も弱い特別区になろうとするのが、都構想です。

もうこの一点だけで、「都構想など論外だ!」ってことがいえますねw