大阪市特別顧問・上山教授。就任前は、橋下維新の「二重行政」論を「けち臭い」と完全否定!|藤井 聡

HOME > 藤井聡 facebook より Index

大阪市特別顧問・上山教授。就任前は、橋下維新の「二重行政」論を「けち臭い」と完全否定!

皆さん、大変貴重な(というか、何とも趣のある)情報です。
https://twitter.com/shinichiueyama/status/129366143776460801

大阪市特別顧問の一人で、都構想の強烈な支持者である慶応大学教授の上山氏。例えば彼は最近では、マスコミ対象の説明会(説明者3人は全員、大阪市特別顧問経験者ですw)で、「二重行政」を見直す戦略は重要で、全国的にも意義があると訴えています。
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/tk/15/433782/042200026/

ところが、この上山氏、大阪市特別顧問に就任前には、こんなことをつぶやいていました。

『図書館が府と市で二つあって無駄だとかそんなけち臭い話は、昔、財界が指摘したが小さな話。稼働率が高けりゃ置いとけばいいし、改善が進んでいる(府も市もあほじゃない)。』

いやぁ….佐々木氏といい上山氏といい、大阪市特別顧問の皆様方は藤井と全く同じ意見をお持ちだったんですね。顧問就任前までは。

このご発言、是非、みなさんtake note, 覚えておきましょう。

以上、ご紹介まで!