東京23区の区長の中では「大阪都構想に賛成の声は聞いたこともない」そうです|藤井 聡

HOME > 藤井聡 facebook より Index

東京23区の区長の中では「大阪都構想に賛成の声は聞いたこともない」そうです

保坂世田谷区長に対するインタビュー記事です。

「大阪都構想」を考える上で、現役区長の「都」の制度に対する意見は、極めて貴重かつ重大な意義を持つものです。

区長曰く、

『特別区は都から不当な支配に置かれ、“”下部団体”として見下げられてきた歴史がある』

『東京の都区制度は戦時下にできたもので歴史的な役割はほぼ終わっている。』

『特別区が基礎自治体なら街づくりに不可欠な都市計画の決定権限はあるはず。全国の市町村の中で23区(特別区)だけこの権限は除外されている。』

とのこと。そして、次のような重要な発言もしておられます。

『東京23区の区長の中で大阪都構想に賛成の声は聞いたこともない。』

以前もご紹介しましたが、都区制度を実際に運用している方々にとってみれば、大阪で、わざわざ都区制度に移行しようする「都構想」なる議論は、「滑稽」でしかたないものだ、というのは、間違いのない事実の様です。

ご紹介まで。