「都構想」の投票日まであと46日|藤井 聡

HOME > 藤井聡 facebook より Index

「都構想」の投票日まであと46日

みなさま、おはようございます。都構想をめぐる100日言論戦も、第54日目、投票日まであと46日、となりました。

本日は4月1日、新年度がはじまり、大学内でばたばたしておりましたが、ようやくネットに接続できました。

昨日は、かなり刺激的な表現の産経ニュースに驚かれた方も多かったかと思いますが、当方の「発言趣旨」は、昨日解説した通りですので、是非、そちら、ご参照いただければと存じます。

いずれにしても、今、「都構想の住民判断」において重要なのは、

「都構想の中身」

の議論、ならびに、その

「あるべき論じ方」

です。

「特定政治家の資質」については、状況や対象に応じて、必要とあらば大衆社会論、全体主義研究等の見地から発言させて頂くこともありますが、今、有権者、公衆の皆様にとって重要なのは、上記2点、ついては、これからも、都構想の中身と論じ方の2点を中心に、さらに情報配信を続けてまいります。

引き続き、ご関心の方は是非、一つ一つ、ご吟味いただきながら、「都構想」について考える契機としていただければ幸いです。どうぞ、よろしくお願いします。