「都構想」の投票日まであと47日 ~少数であることに臆せず、本日も発言して参りましょう!~|藤井 聡

HOME > 藤井聡 facebook より Index

「都構想」の投票日まであと47日 ~少数であることに臆せず、本日も発言して参りましょう!~

皆様、おはようございます、「都構想」を巡る100日言論戦は第53日目、投票日まであと47日、となりました。

先ほどラジオを聞いておりますと、賛成派でも反対派でもないパーソナリティが、「都構想」を「大阪都構想」と呼ぶか「大阪市廃止解体構想」と呼ぶかで全然イメージが違いますね、と話しをしておられました。

「都構想」について、知っておくべき最低限の「事実」が少しずつ認知されつつあることが確認できたようで、これは良い徴候ではないかと感じました。

また、ここ数日FBにてご紹介したメッセージを見ても、これまで一般視聴者・ネットユーザーとして見聞きすることが多かった「特定政治勢力のプロパガンダ」以外の多様な意見が、様々なメディア、知識人、政治家の方々から配信されている様子が窺えます。

日本の言論空間に「自由」が残されている証左であるとも言えると思います。

しかしながら、その自由の水準、有権者の政策に対する知識水準は、「直接民主主義」の投票において求められるそれに比べれば、まだまだ十分ではありません。

ついては、当方としても出来る限り、ホントの情報を、様々な封殺圧力(例えば、少数であるというだけでも、発言しにくくなる圧力が社会的に生じます)にも屈せず、発言し続けたいと思います。是非、皆様も、しっかりとお考えになったご自身の意見を、臆せず、ご発言し続けたて頂きたいと思います。

では本日も、よろしくお願いします!