「都構想」投票日まで89日、言論戦12日目|藤井 聡

HOME > 藤井聡 facebook より Index

「都構想」投票日まで89日、言論戦12日目

「都構想」投票日まで89日、 100日間だの言論戦も12日目になりました。

この12日間、めまぐるしく状況が展開しましたが、なぜ「都構想」について論ずることが、かくも重要な意味を持っているのかについても、これからは発言して参りたいと思います。

それは大阪の未来にとって決定的な影響をもたらすものではありますが、その影響範囲は広く関西、西日本、そして、日本全体に及ぶものです。

それほどに、大阪という街は、巨大なポテンシャルを持つ街なのです。

その街を発展させ、それを通して日本の再生、国土の強靭化させていくためにはどうすればいいのかーーーそれこそが、この問題の「本質」です。そして、これまで様々に論じられているように(http://togetter.com/li/777274)、「都構想」が「100%明るい未来を大阪に約束している」とは断定し難いことは、何人たりとも否定できない状況にあるのは事実なのです。

一方で当方は、大阪を爆発的に発展させることができる政策方針を構想し、それを各所にて公表して参りました。これからは、こうした幅広い論点についても、情報発信をして参りたいと思います。

大阪の未来のために必要なことは、何も制度改革だけではないーーーこの当たり前の事実を知ることも、適正な政治判断において何よりも重要であると考えます。

そのほか、「都構想」の問題は、全体主義問題、大衆社会問題、行政改革・構造改革問題、今日の具体的政局、新自由主義問題、国土強靱化、防災対策、都市計画等、当方が長年論じてきたありとあらゆる問題が、全て凝縮された問題でもあります。

ついては大阪の方々はもちろんのこと、広く全国の皆様も、この問題について様々に考え、実践頂くことが、大阪、そして広く日本のこれからの行く末に大きな意味を持つに違いないと考えています。

大阪は日本の宝であり、その宝を預かって頂いているのが、大阪の方々なのです。だからこそ、大阪の方々のみならず、大阪以外の方々も、その日本の宝、大阪を守るために何ができるのかを考え、実践し続けることが本当に大切なのだと思います。

本日もまた、そしてこれからもどうぞ、よろしくお願いいたします。

—————————————-

研究室の学生さんから、下記のネット動画を教えてもらいました….のでご紹介です。

当方、「予言」をしたわけではないですし、後半に出てくる当方への罵詈雑言は見ていて心が痛むところがありますが(笑)……

https://www.youtube.com/watch?v=BUxqS0VbO1M

こういう見方もあるということで、まずは、ご紹介差し上げます。

ご参考まで。