萩生田官房副長官の大阪入り:安倍総理の、今回のダブル選の勝利に対する「本気度」がよく分かります。|藤井 聡

HOME > 藤井聡 facebook より Index

萩生田官房副長官の大阪入り:安倍総理の、今回のダブル選の勝利に対する「本気度」がよく分かります。

今回の選挙では、自民党は党を挙げて全面的に「勝ちにきている」、つまり「本気で維新を潰しにきている」….としても、官邸は少し違うのでは……という憶測をしばしば耳にすることがあります。

しかし、下記報道は、そういう憶測を強く否定するもの、と解釈できます。

そもそも、自民党には結党以来、地方選挙には「総裁」が応援に入ることはない、という伝統があります。したがって、総理・官邸・総裁の「応援の意志」を見せるためには、「総理の側近」を大阪入りさせる、という方法しか残されていないわけですが……下記に報道されている「萩生田氏」は、まさにその、安倍総理の側近中の側近の人物なのです!

例えば、彼が総裁特別補佐という自民党の役職に就いていた際には、靖国神社への玉串料を総理の代わりに、奉納された方です。

それほどまでに、萩生田氏は安倍総理の篤い信頼を受けている方、な訳ですから、萩生田氏の大阪入りは、実質上、総理の「気持ち」の大阪入りを意味していると考えることができるわけです。

しかも、萩生田氏は今や「内閣官房副長官」、つまり、官邸のど真ん中の人物です。

つまり、安倍総裁・内閣総理大臣ご本人もまた、今回の選挙では「勝ちに来ている=維新を潰しにきている」という気持ちをお持ちなのではないかと解釈可能なわけです。

なかなか一般の方には、本件は解釈しづらい事かもしれませんが、萩生田氏の大阪入りは、それほどまでの意味を持つものなのだ……と言う点、是非とも、ご理解の上、いろいろな方にご紹介差し上げてください!