【維新メール問題声明文】大阪維新の会による藤井のTV出演の取りやめ誓願含意を含む不当なBPO申し立てに、遺憾の意を表明します|藤井 聡

HOME > 藤井聡 facebook より Index

【維新メール問題声明文】大阪維新の会による藤井のTV出演の取りやめ誓願含意を含む不当なBPO申し立てに、遺憾の意を表明します

公党である「大坂維新の会」(橋下代表)が、藤井の私信を「通信傍受」し、その傍受に基づいて藤井のTV出演についてBPOに異議申し立てをしておられます。

この件について、下記の声明文を、公表いたしました。要点は、以下の通りです。

——————————————
本声明文の骨子は、「BPOの公正な判断を、心から祈念する」ものであると同時に、以下の三点を主張するものである。

一つ、維新は、「藤井の意図」故に藤井のTV出演が放送法四条違反だと指摘しているが、放送法はそもそも出演者の資質ではなく番組・放送全体の公平性を求めるもの。
したがって、この主張それ自体が不当な言論弾圧である疑義が濃厚にある。

一つ、しかも「藤井の意図」は学者の良心に基づくもので、その助言は番組内容を放送法四条の視点から公正なものとしようとするものである。したがって、それに不服を申し立てる維新こそが法の精神に反している危惧すら懸念される。

一つ、今回の申し立て経緯を見れば、維新は、批判する者なら通信傍受でも何でも行いながら黙らせようとする全体主義的な党なのだ、という疑義が濃厚にある。
——————————————

ご賛同頂く皆様方は是非、下記じっくりお読み頂き、ご賛同される皆様方は是非、様々な方にご紹介差し上げてください。

いずれにせよ、当方は、如何なる言論弾圧にも屈する事はありません。