橋下維新による「市大・府大統合問題」は、自由民主主義の危機の象徴です。11/1シンポジウムに参加ください。|藤井 聡

HOME > 藤井聡 facebook より Index

橋下維新による「市大・府大統合問題」は、自由民主主義の危機の象徴です。11/1シンポジウムに参加ください。

シンポジウム「豊かな大阪をつくる」の第四回を企画いたしました!

今回は橋下維新が推進する「大阪市大と府大の統合」が如何に不当な学問の侵害であるか……を中心とした、シンポジウムです。題して、

『大学問題を考える~府大市大統合問題を見据えて~』
日時: 11月1日(午後1時30分~午後5時30分)
場所: 大阪市立大学(杉本キャンパス)・法学部棟3階・730教室
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/about/university/access

大学問題は、多くの人々がイメージするよりも、凄まじく深刻な問題です。

大学を封殺は、自由に考える事それ自身を封殺しようとすることにほかならず、したがってそれを通して、全体主義のテロルが完成してしまうこととなるからです。

この問題は是非、幅広い方々にしっかりとご認識いただきたいと思います。