中国経済の危機を、もっとも心配しなければならないのは日本人です(ノーベル賞経済学者クルーグマン教授の論考の紹介)|藤井 聡

HOME > 藤井聡 facebook より Index

中国経済の危機を、もっとも心配しなければならないのは日本人です(ノーベル賞経済学者クルーグマン教授の論考の紹介)

中国経済は、危機的な状況を迎えつつあります。クルーグマン教授は、こう言います。

「先進国の中で、中国経済の動向に最も影響を受けるのが日本であることは間違いない。…(中略)…私は中国経済の行く末を大いに心配しています。しかし、中国のことをもっと心配しなければならないのは、あなたがた日本人なのです。」

この警告を、我が国は真剣に受け止めるべきであると考えます。中国経済クラッシュは、もはや、南海トラフ地震や首都直下地震にならぶ
  「経済災害」
です。

我が国はこの災害を見据えた「日本経済強靱化」を果たさねばならないのであり、その第一の対策として考えなければならないのはもちろん、「消費税率」のあり方なのではないかと考えます。

冷静かつ真摯な議論が展開されますことを、祈念します。