「新興宗教「橋下維新」の終焉:ネオリベ(改革)の夢を追い続ける病理」|藤井 聡

HOME > 藤井聡 facebook より Index

「新興宗教「橋下維新」の終焉:ネオリベ(改革)の夢を追い続ける病理」

5月17日以降、橋下維新についての「本当の真実」をようやく少しずつ語り始めることが可能となってまいりました。

投票日前では、いたずらに橋下維新のイメージを悪くするために使っていると捉えられかねない表現は、注意深く避けてまいりました。つまり、先方は、詭弁とデマによる「印象操作」のオンパレードだったのですが、当方はそういう印象操作ととらえられかねない表現は極力避け、あくまでも、一般的な学術用語で彼らを語ることを心掛けてきました。

その分、当方の言論は「わかりづらい」という側面が多々あったものと思います。例えば、投票日までは、「デマゴーグによるプロパガンダ」という言い方をしていましたが、本当は、

「詐欺師のウソ」

と言えば、それでよかったのですw。

そして、橋下維新現象は「思考停止に基づく全体主義現象である」という表現がギリギリでしたが、それももっとわかりやすく言うと、

「橋下維新というのは、新興宗教であり、
コアな支持者は単なる、その信者と考えるとわかりやすいですよ」

という事なのです(笑)。

。。。ということで、当方はこれから、投票も終わりましたので、(一般的な社会通念の範囲で)自由に発言していきたいと思います。無論、当方の言説は学術的な裏付けがあることを前提としておりますが、その表現においては、あまりに気を遣いすぎて分かりづらくなることは、避けようと思います。自由な言論空間とは、ホントにありがたいものですねw

ということで、下記ブログ、どなたのものか分かりませんが、かなりわかりやすい言説です。なんと言っても、

新興宗教「橋下維新」

についての論評だからですw 極めて本質的で、正鵠を射た論評だと思います。

是非、ご覧いただき、この大阪で繰り広げられている馬鹿馬鹿しい戦後最大の詐欺の実態を、じっくりとご確認ください!