橋下市長の敗因は「シルバーデモクラシー」ではありません(その2)|藤井 聡

HOME > 藤井聡 facebook より Index

橋下市長の敗因は「シルバーデモクラシー」ではありません(その2)

極めて冷静なご意見です。

「・現役世代の投票率が少なすぎたのが、敗因。彼等こそが一番、大阪「都」構想に白けきっており、魅力を感じていなかった。

・各世代に相当割合の反対者がいた。それを全部累積したら反対の方が多かった。「20代、30代、40代、50代、60代、70代の6人が集まって5人が賛成したのに、70代一人が反対したから反対が通った」というのとは全く違う、

(・なお、出口調査は出口調査、70代だけ賛成多数、という調査結果が間違っている疑義が濃厚)」

メディアでは、悪質なデマが未だに続いています。ご注意ください。