「なんだかよくわかんねえけど、とにかくやるんだよ」←絶対に許してはならない態度|藤井 聡

HOME > 藤井聡 facebook より Index

「なんだかよくわかんねえけど、とにかくやるんだよ」←絶対に許してはならない態度

極めて理性的な論説です。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20150514/281130/?P=1

「文楽を圧迫し、オーケストラを冷遇し、大阪に根付いた原大阪的な要素を台無しにしている。それでいて、道頓堀プールみたいなケチな仕掛けで、日本代表のメガシティー「TOKYO」に一騎打ちを挑んでいる。

もっとも、この一見無謀なチャレンジを、「壮挙」と見る見方もある。
昔ながらの少年マンガのストーリーで言えば、

「どうせぶつかって行くなら相手はデカいほど良い」

ぐらいなセリフが、主人公の師匠筋から出てくる局面だ。

で、マンガだと、その無謀な挑戦を通じて、勝っても負けても、主人公は必ず成長することになっている。

でも、現実はマンガではない。
無謀な挑戦は型通りの敗北につながり、型通りの敗北は、とりかえしのつかない結果をもたらす。

それでも

「なんだかよくわかんねえけど、とにかくやるんだよ」

と、マンガの主人公は「気合い」ですべてを片付けようとする。
この態度は、最近の言い方で言えば、ヤンキーのしぐさに近い。少なくとも、為政者のマナーではない。

「とにかく一回ぶっ壊さないと話がはじまらない」

という議論の進め方も、政治を語る文脈の中で出てきて良い話ではない。
あまりにもばかげている。」