維新発言を「橋下流交渉テクニックの分析方法」に基づいて分析してみました!|藤井 聡

HOME > 藤井聡 facebook より Index

維新発言を「橋下流交渉テクニックの分析方法」に基づいて分析してみました!

下記の新聞記事、
http://www.asahi.com/articles/ASH5F72PMH5FUTFK017.html

先に紹介した、「橋下流交渉テクニック」の分析方法に基づいて、改めて解釈してみると….
http://bylines.news.yahoo.co.jp/watanabe…/20150513-00045661/

—————————————————————————-
「今までどおりの大阪でいいんでしょうか。いいという方はどうぞ、反対票を投じてください。少しでも大阪をよくしようと思われている方は是非、賛成票を投じていただけませんでしょうか。」
→ 「架空利益」のテクニック。「都構想をやると今よりもよくなる」と断定しているに等しい。しかし、なぜそう断定できるのかの説明がありません。
「橋下徹を見殺しにしないでください。(橋下氏は)稀有(けう)な政治家です。いろいろご批判はありますけど、この突破力、行動力、リーダーシップを備えた政治家はほとんどいません。そういう橋下徹を生かすも殺すも、この日曜日の皆さんの1票にかかっているんです。」
→ 「脅し」のテクニック。今回の投票は、橋下市長を引退させるかどうかの投票ではありません。大阪市をつぶすかどうかの投票です。しかも、引退する保証はどこにもありません。
—————————————————————————-

ということになりますねw

以上、ご紹介まで!