「住民投票は今回限り!」vs「住民投票は可決されるまで何度でも!」 ~橋下氏(今)vs橋下氏(3年前)~|藤井 聡

HOME > 藤井聡 facebook より Index

「住民投票は今回限り!」vs「住民投票は可決されるまで何度でも!」 ~橋下氏(今)vs橋下氏(3年前)~

昨日、橋下徹大阪市長は

「何度もやるものではない。1回限り」

と述べ、賛成多数にならなかった場合には都構想を断念する考えを示した…..そうです。

http://www.sankei.com/west/news/150507/wst1505070064-n1.html

なるほど! この一発の住民投票に、一人の政治家が政治生命をかけて、挑む! ということですね!?

さすがです。 政治家橋下氏は、昔から、この思いでやってこられたんでしょう。

『「(住民投票で)過半数を取れるまで区割りを変えまくる」と述べ、賛同が得られるまで、住民投票を繰り返す考えを示した。』(2012年8月30日 記者会見) http://www.nikkansports.com/…/f-gn-tp3-20120830-1008797.html

えっ!?

「(住民投票で)過半数を取れるまで区割りを変えまくる」

えっ、えっ!?

『住民投票を繰り返す考えを示した。』

えっ、えっ、なんて!!??

うーん….

「実現するまで何度も繰り返すほど、都構想にかけてんのか?」
「この一発勝負に全てをかけるほど、この投票にかけてんのか?」

どっちが嘘で、どっちがホントの言説なんでしょうか….まぁ、どっちでも「カッチョいい」ですが、どっちか一つにしてもらわないと、「昨日の晩飯ラッスンゴレライ」な話になってしまいます。

でもきっと、今週末(9日10日)の長いテレビCMでは(といってもしょせんCMの短い尺しかありませんが)市長のあつい思いが聞けるそうですから、どっちが

「嘘」

で、どっちがホントなのかがよくわかるのかも、しれませんね。

ってことでしっかり、テレビコマーシャルで公権力者=橋下市長が一体なにをしゃべるのか、それを聞けばいつ「嘘」をおっしゃってきたのかがはっきり分かるかも、なのですから、わくわくしながら皆でしっかりウォッチいたしましょう。

以上、「2つ」の報道の紹介と、当方からの解説、でした。