都構想リスクの100名学者所見、インパクトあるコメントを抜粋/分類しました!|藤井 聡

HOME > 藤井聡 facebook より Index

都構想リスクの100名学者所見、インパクトあるコメントを抜粋/分類しました!

様々な分野の100名の学者達から寄稿された「都構想の危険性についての所見」から、その概要をご紹介すべく抜粋し、項目別にとりまとめました。

皆さんの意見、すべて読了するのはなかなか時間がかかりますから、まずは下記の抜粋コメント、ご参照ください!

これをご一読いただくと、都構想の真実の姿が、クッキリと浮かび上がって参ります。

特に赤字箇所などは、一つ一つ、とても心に響くものが数多くあります。例えば、

「特別区という制度は、東京の特別区自身が切に抜け出したいと思っている最悪の制度です。」菅原敏夫 (法政大学・元非常勤講師) 地方財政学

「橋下政治の最大の罪は、同じ大阪人の間に内部対立を煽り立てたことにある。…(中略)…真の「One Osaka」は、役所や行政の形式ではなく、人々の心の中で実現すべきものなのである。薬師院仁志 (帝塚山学院大学・教授) 社会学

「不思議なことに、橋下氏以外の維新の党の政治家は、討論会に出席しない。つまり、橋下氏の弁舌だけが、大阪都構想を支えているのだ」村上 弘 (立命館大学・教授) 行政学・地方自治論

「もともと東京都の特別区制は、憲法の「法の下の平等」原則に反する疑いがあり、…(中略)…なぜ「都」になりたいのか、全く理解できない。」 池上洋通 (千葉大学・元非常勤講師) 地方自治論

「「大阪都構想」は「大阪市」をリストラして、中身のはっきりしない「特別区への格下げ」という”粗悪品”である。」堀 雅晴 (立命館大学・教授) 行政学

「大阪市廃止構想の本質的な瑕疵は、『自治』の問題であるにもかかわらず、徹底的に『効率』の問題として語られていることです。」内田 樹 (神戸女学院大学・名誉教授) 現代思想

こうした本質をえぐる言葉が多数寄せられています。

是非下記、ご活用、ならびに、ツイッターなども活用したいろいろな方へのご周知、何とぞ、よろしくお願いいたします!!