「賛成派は投票に行きがちだが、反対派は投票を控えがち」というバイアスの存在|藤井 聡

HOME > 藤井聡 facebook より Index

「賛成派は投票に行きがちだが、反対派は投票を控えがち」というバイアスの存在

これまで繰り返し紹介してまいりました、

「賛成派は投票に行きがちだが、
 反対派は投票を控えがち」

というバイアスの存在が、改めて、今回の地方選の
 
 『出口調査』

から、明らかにされています。

(全体としては)「大阪都構想への 賛成は48%、反対は47%」けれど、
  「「必ず行く」と答えた層では 賛成が51%、反対が46%」

だったそうです。

つまり実際の賛否分布と投票における賛否分布を「バイアスなく一致させる」ためには、「反対の方のなかであまり行く気になっていない人々」が、今よりもより積極的になること重要だ、と解釈できるものと思われます。

以上、ご紹介まで