大阪都構想を巡る言論戦23日目、投票まで後、78日|藤井 聡

HOME > 藤井聡 facebook より Index

大阪都構想を巡る言論戦23日目、投票まで後、78日

皆様、おはようございます、「都構想」を巡る100日言論戦も23日目、投票まで後、78日となりました。

今から23日前の2月7日当時は、連日ツイッターや記者会見で大阪市長からの誹謗中傷を受けながら、公党から「抗議をしながら公開討論を迫る!」という了解不能な申し入れに対して「そのようなケンカの申し入れには応じられない」と宣言申し上げ、同時に、「これから都構想の投票の日まで、発言し続けます」、と申し上げました。

あれから、少しずつ、ホームページ、メルマガ、動画、ネットジャーナル、雑誌等を通して、都構想、ならびに、その投票に関する、「学者としての見解」につきまして、少しずつ発言を重ねて参りました。

おかげさまで、ショーにしかなり得ないケンカ討論会では絶対に提供できない、様々な見解を、公表させて頂くことができたものと考えております。

投票日までの間、これからもますます、適正な投票判断を支援すべく、未だに様々に続けられている公権力者側からの不当としか言い様の無い卑劣な言論封じ、言論封殺[←機会が参りましたら、順次、公表差し上げたいと思います]に決して屈せず、学者としての発言を続けて参りたいと思います。

本日も、よろしくお願いいたします!